【アウトドア】雰囲気最高のキャプテンスタッグ  オイルランタンを手に入れてみた

【アウトドア】雰囲気最高のキャプテンスタッグ オイルランタンを手に入れてみた

2021年1月29日 0 投稿者: k-jumbo

YouTubeでキャンプ動画を観てると時々目にするようになった,オイルランタンというものを手に入れてみました。ハリケーンランタンとも言うみたいです。

色々なサイズがあるみたいですが,キャプテンスタッグの物の中では「中」サイズをチョイスしてみたが…

届いたのを見た最初の感想としては「おもちゃみたい~」(笑)

オイルランタンの特徴

・構造がとてもシンプル

オイルタンク・芯・ガラス(ホヤ)・ハンドル

・ハリケーンランタンとも言われる名のごとく風雨の影響を受けても火が消えにくい

・燃焼時間が長い

タンク容量や使う燃料にもよるが,満タンで20時間とか点灯するらしい。

・決して明るくはない(笑)

ガソリンランタンやLEDのように爆光で周りを照らすことが出来るものではないです。あくまで雰囲気を楽しむことのできる程度の明るさ,大型のものになればそれだけ芯も太くなるので明るさは増しますが。今回手に入れたサイズだとそこまでは明るくはないでしょうね。

雰囲気が楽しめればいいんです(=゚ω゚)ノ

燃料

燃料はというと,揮発性の高い燃料以外は色々使えます。

ガソリンやアルコールは使用禁止です。引火点が低く揮発性が高いので勢いよく燃えて危険だそうです。

石油ストーブなどに使う灯油や,専用のパラフィンオイルを使います。

ランタンを点けてると夏は虫が寄ってきますから,防虫効果のあるオイルもあるみたいです。

私は一緒にパラフィンオイルを買いました。

灯油の方がコスパはいいですが,煤が出るのと燃焼中は石油系独特の臭いがするそうです。ま,この辺りは好みですね。「あの臭いがいいんだ!」っていう方もおられるでしょうから(笑)

アロマオイルを一緒に入れると燃焼中にいい香りがするという情報をどこかで見たのだが。どうだろ?

点灯準備

芯を綺麗にカットしてから使うと,火の形が綺麗になるみたいです。

角を落としたり,丸くしたりというやり方があるとか。

分かりにくいですが,はさみで角を落としてみました。

元に戻して燃料を入れます。

いざ点灯

芯の先までオイルが吸い上がったら,レバーを下げてホヤを持ち上げて点灯します。

燃料が吸い上がっていたら簡単に火が付きます。

あ~なんかいい雰囲気が出ますね。

火の形はというと…。なんか変ですね(笑) まぁいいでしょう。

ちょっと暗くなってみて(iPad-Proで撮影)

カメラだと伝わりにくいですな。

卓上が雰囲気よく照らせればいいんです。

燃費もいいので,災害時にも使えますね。

点灯中は,煙も臭いもしません(アロマオイルも匂わなかった)が,消した時だけ煙が出てロウソクのような臭いがしたくらいでした。

雰囲気が欲しいという方や,初心者キャンパーの方は是非お試しを

決して明るいというランタンではないが,それっぽい雰囲気が強く出てくれます。私はバンキャンプで使用しています。天気が良ければ外でご飯作ってそのまま食べるのでテーブル用の明かりとしての使い方です。

周りを思いっきり照らすような使い方はできないので,他のライトと併用するか,別のランタンを用意するかしないといけないですね。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう