【アウトドア用品】B5サイズ キャンプ用 鉄板 BBQ

【アウトドア用品】B5サイズ キャンプ用 鉄板 BBQ

2021年11月17日 0 投稿者: k-jumbo

新しくキャンプ用の鉄板を買いました。
これまでは,Amazonで購入した,ただの鉄の板を使っていましたが,曲げ加工などはされておらず,焼いた肉汁が下に滴るものだったので使いずらいものでした。

あと,大きさが小さく,板厚が厚いので重たいというものでしたので,ずーっと良いのが無いか探していました。

そしてやっと,Twitterで見つけました。フォロワーさんの中で鉄板を作成販売されておられる方がおられましたので,即注文いたしました。

Twitter軽油なら追加料金はかかりますが,刻印も入れてもらいました。

ちなみに↓が以前使っていたものです。

新しい鉄板

鉄板
鉄板
鉄板

金属加工屋さんが作ったとても綺麗な鉄板です。切り口もバリなどはなく,曲げもとても綺麗です。

サイズは,全長が205mm×265mm,焼き面が175mm×235mm,重量は約2kg,厚みは4.5mmです。

荷物を軽くしたいという方にはお勧めできませんが,焼き面が広いため調理がとてもしやすいです。板厚もあるので蓄熱性も高いのがいいですね。

Twitter経由の追加料金で,刻印も売ってもらいました。これで「世界にひとつだけの鉄板」になりました。あとはシーズニングして,大事に育てていってあげるだけです。

鉄板

鉄板の持ち運び

鉄板
セリア BBQグリッパー
鉄板

鉄板の両端には,持ち運びできるように面取り加工された穴が開いています。ここに100円ショップ「セリア」のBBQグリッパーを差し込んで使えるようにされています。

重さが2kgもあると歪んだりしないのか,とも思いましたが,そんなことは無くしっかりと持ち上げることができました。これで熱々になった状態でも楽に移動させることができます。

とても親切な作りですね。

シーズニング

鉄板
鉄板

実際に使うに際して鉄フライパンの時もしたように,シーズニングをしてあげる必要があります。(私の方法が間違っているかもしれませんので,シーズニングされる方は,参考程度にご覧ください)

まずは汚れや加工の際に付いた切削油などを中性洗剤を使って洗い落とします。

その後,キッチンにて換気扇を回しながら,カセットコンロで鉄板を熱していきます。カセットコンロに丁度良いサイズですね。

通常のガスコンロは,温度センサーが付いているため鉄板を煙が出るまで熱々にはできない可能性があります。

一番最初のシーズニングの際にだけ見られる鉄板の美しい焼け色は以下の動画をご覧ください。タイムラプス動画になっています。

鉄板をずらしながらまんべんなく焼きが入るようにしていきます。何度見てもきれいです。煙が出るくらいしっかりと焼いた後は,いったん粗熱を取ってから食用油を塗って表面をコーティングします。

鉄板

そしてまた火にかけて,煙が出たら多めの油を塗り広げたら,野菜くずを炒めます。炒めた野菜は捨てて,鉄板はタワシを使って水洗いします。

そして再度鉄板を火にかけ,水気を熱で飛ばし火を止めて油を塗れば完了です。

今後は,調理後は火にかけて水けを飛ばして油を焼き面に塗ってあげればOKです。あとは同じようにして使い続けて育てていくことができます。

調理

鉄板
鉄板

シーズニングした直後からすぐに使ってみたくなり,定番の目玉焼きを焼いてみました。シーズニングがしっかりできていれば,鉄板に貼り付くことなく調理できます。

そのまま夕飯に鶏肉を焼きました。メイラード反応で焦げの部分もおいしく焼けます。

鉄板
鉄板

焼きそばの1~2人分の量もB5サイズの鉄板なら余裕でできます。ホットサンドメーカーを使わないホットサンドもイイ感じに作れます。

B6サイズだとさらに半分の小さい鉄板になるので,個人的にはこちらのサイズを買って良かったと感じました。

焚き火台でも使用

鉄板

半年くらい前にクラウドファンディングで購入した焚き火台にこの鉄板がちょうどいいサイズなんです。網を使って調理をしたりもしますが,鉄板調理の方が多いのでとても便利です。

お肉も野菜もイイ感じに焼けてくれます。
でも,意外とキャンプよりも自宅のキッチンで通常使いしてる方が多かったりします。

最近買って良かったアウトドア用品でした。

以下のサイトから購入しました。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう