【ボリビア旅行】ウユニ 奥地ツアー Ver.5:世界最標高の露天風呂

【ボリビア旅行】ウユニ 奥地ツアー Ver.5:世界最標高の露天風呂

2021年3月28日 0 投稿者: k-jumbo

フラミンゴを見てさらに南下して奥地へと入っていきます。チリとの国境沿いをひたすら走って行くような感じです。次の目的地は,「アルボル・デ・ピエドラ」という場所です。↑の画像がその場所です。通称「石の木」と言われています。パンフレットで見ていましたが,思ったより小さかったです。この場所はかなり強風が吹き荒れているのですが,それにより砂が巻き上げられ石をこういう形に削り取ったようです。天気はとてもいいのですが,雪が残っていることや友人の格好を見てもらえると分かるように,標高が高いのもあってめちゃくちゃ寒いです。

キツネ現る

同じ場所にて,キツネがどこからともなく現れました。こんな何もない荒野にも居るんですね。観光客慣れしているようでしたが,近づきすぎるとエサが欲しいのか襲ってきます。といっても逃げれば追いかけては来ませんでしたが。実際左の写真のように襲われてる観光客が居ました。基本的に野生動物は危険ですが,キツネは寄生虫持ってるって言いますからね。でも,可愛かったです。

ラグナ・コロラダ

ラグナ・コロラダ
ラグナ・コロラダ

ウユニ奥地ツアーは,色々な湖を見て回ります。5箇所くらいは回った気がする。何が違うかというとそれぞれ色が違うんですよね。航空写真で見ても分かるくらい水の色が違うんです。詳しい説明は聞きませんでしたが。この日最後の湖は「ラグナ・コロラダ」って言う場所ですが,航空写真では黄色の湖ですが,この日に見たのは赤かったです。ですのでフラミンゴが群れていました。この日はここで観光は終わりです。湖の近くにあるホテルへ向かいます。

超シンプルなホテル

この日に泊まるホテルは,「Laguna Colorada Simple Moutain Lodge」というところです。シンプルってあるように,めちゃくちゃ簡素なホテルでした。シャワーは有料ですし。電気も来ていませんでした。泊まっていた観光客みんなスマホの充電がしたくて食堂の延長コードに刺すも電源が来ておらず不満そうな顔してましたが,夕方6時くらいになって照明が一斉に付いて充電もできるようになっていましたね。日中はソーラーなどで充電しておいて,電気は夜間だけ流れるようになっているようです。ですのでこの旅行ではモバイルバッテリーは必須です。

ちなみに泊まった部屋は下の画像です。ガイドは別棟に行きましたが,同じ車の人は一つの部屋でした。男女関係なく。シャワーは有料でした。水もガスも貴重なためでしょうね。まぁひたすら寒かったので汗もかいていませんでしたから,この日はお風呂に入りませんでした。

暗いうちに出発

次の日はまだ陽が昇らない暗いうちに出発です。「ソル・デ・マニャーナ間欠泉」を見に行きました。左の写真は,どこかの企業が観光用に掘った間欠泉だと言ってました。ちなみにこれは噴き出す蒸気に触れても問題ないくらいの温かさでしたが,その他2枚の地面から自然に噴き出している者は,危険だから近づくな!と言われました。180℃以上の蒸気が出てるらしいです。

世界最標高の露天風呂「ポルケス温泉」

ポルケス温泉

続きましては,世界で最も標高の高い所にあると言われる露天風呂「ポルケス温泉」です。湖のそばにその露天風呂はあります。標高は約4500mあります。湖のふちは凍っているんですよね。人が乗っても割れないくらい固い氷のところもあるのですが,ところどころお湯が湧き出ていて手を入れるととても温かいです。肝心の温泉はというと,こちら↓↓

ポルケス温泉

ここが露天風呂です。左の小屋が脱衣所になっていていますが,有料でした。温度は40℃くらいあるようなので,結構体が温まるでしょうね。外国なので水着が必要になります。右のお姉さんと左のビキニの人の服の差がすごいです。気温はマイナスではありませんでしたが,それでもめちゃくちゃ寒いんです。私たちは入りませんでした。ガイドにも「お前らも入らないのか?」って聞かれましたが,帰国すれば入れるからいいやって答えました。あと高地での温泉は高山病の危険性もありますから。同じ車のヨーロッパの夫婦も入っていませんでしたね。もし次行くことがあれば水着持って行ってみようかな。

ラグナ・ベルデ

温泉地をあとにしてさらにまた南下します。このツアーの最南端にある湖「ラグナ・ベルデ」です。ここは青い湖です。さすがに何度もいろんな湖を見ていると,色の違い以外では目立った発見も無く飽きてしまいますね(笑) とりあえず数枚の写真を撮ってすぐに車に戻りました。天気はいいですが超寒いので。

一気にウユニの街まで北上

ボリビア車窓
ボリビア カミオン

ほぼ観光スポットは巡ったようなので一気にウユニの街まで北上します。ひたすら荒野風景が続きます。舗装されていない砂利道をひたすら走り続ける。時おりアップダウンとかもあったり,対向車にすれ違ったり(パリダカのようなカミオンにすれ違ったときは何か嬉しかった)リャマかアルパカの群れを見たり,することもないので寝てばっかりでしたね。

最後の観光スポット

途中お昼休憩のために小さな集落に寄って昼食を取ったりしてました。でももう旅も終わりあとはウユニの街まで~っという感じでいたのですが,休憩を兼ねて最後の観光スポットだ!とガイドが止まった場所が写真の巨石群がある場所でした。「Bosque De Piedras」っていう場所です。みんな「まだ観光スポットがあったのか!」って感じでした(笑) 何もない荒野に突如巨石群が現れたという感じです。車に疲れていたので,ここでは動き回りましたね。

サン・クリストバルで街ブラ

サン・クリストバル
サン・クリストバル
サン・クリストバル

ウユニの手前にあるサン・クリストバルという小さな街に入ったところで,ガイドがガソリンを給油しないといけないからその間街ブラしててくれと言われたので,散歩してきました。スタンドから歩いてすぐ2匹のゴールデンレトリバーが付いて来て可愛かったです。特に何もないように感じた街ですが,調べてみたらこの町は亜鉛・鉛・銀の採掘をおこなっているところだったようです。それにしては町は寂れてましたけどね。

給油が終わったら町の中心地まで迎えに来てくれました。あと少しでウユニ奥地ツアーも終わりです。

しかし最後に大きなハプニングが待っていました。そのハプニングだけでブログ1本書けるので,それはまた次のブログに書きたいと思います。ここまで読んでくださってありがとうございます。

ぜひ続きもご覧ください。

それではまた! ¡Hasta luego!

[car1]
[ada]
ジグソーパズル EPO-28-028 風景 星空のウユニーボリビア 300ピース パズル Puzzle ギフト 誕生日 プレゼント 誕生日プレゼント
created by Rinker

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう