【整備記録】CB125T エイプリアサス流用 と プロリンクOH

CB125T,その他バイク,つぶやき,バイクCB125T,HONDA,エイプ,チビT,プロリンク,ホンダ,リアサス,流用

プロリンク リアサス

CB125Tの消耗部品として困るのがリアサス,当時は中華製ではフロントサスしか販売されておらず,リアはすでに廃盤。抜けたサスを交換しようにも諦めるか,ヤフオク等で程度の良い中古品が出てくるのをひたすら待つしかありませんでした。その中で一応付くけど…といった情報で出てくるのがエイプのリアサスです。自分のCBもリアサスが抜けてヒョコヒョコしてましたので,頑張って流用してみることにしました。今回購入したのは,エイプ用の強化サスの程度の良いものを中古で手に入れました。ついでにプロリンクのOHも一緒にしておきたいとおもいます。

リアサス

サスの違い

プロリンク リアサス

比較写真がありませんが,エイプのサスのほうが1cmほど長くなっています。たった1cmなんですが,これが取付の際に苦労するんですよね。あとエイプのサスは上部の取付部分の幅が6mmほど長いため,左右幅で約3mmほど削っておく必要があります。

created by Rinker
minimoto
¥10,967 (2022/12/01 20:03:57時点 Amazon調べ-詳細)
jumbo19840e-22

ノーマルサス取り外し

プロリンク リアサス

ノーマルサスの方は,エアクリボックスなどを取り外すと丸見えになります。CB125Tはセンター1本だけなんですね。車体の割に短いサスが付いてますが,プロリンクを介しているので,作動量が少ないんです。

プロリンク リアサス

下側はこのようになっています。サスの交換だけなら,下のボルトを外せば上に抜くことができますが,今回はプロリンクのOHもするので,このあたりも一度全部分解します。

プロリンクOH

プロリンク リアサス
プロリンク リアサス

こちら摘出したプロリンクになります。見事に錆びついてますね。水や泥がもろかかる部分に位置してますから,定期的にグリスアップしないとこうなるんですね。

プロリンク リアサス

オイルシールとカラー類は,当時はまだ部品が入手できましたので,新品に交換します。

プロリンク部品類

プロリンク リアサス
オイルシール2つ 91262-MB2-005
プロリンク リアサス
ダストカバー2つ 91262-MA0-015
プロリンク リアサス
カラー 52473-MA0-020
プロリンク リアサス
カラー 52463-K31-020

プロリンク組立

プロリンク リアサス

分解したプロリンクは,古いシール類を外した後,潤滑スプレーを使いながら,耐水ペーパーでサビ落としをしておきます。サビが落ちたら洗浄して新品の部品をグリスを塗りながら取り付けます。使ったグリスは,モリブデングリスを使用しました。

created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥310 (2022/12/01 20:03:58時点 Amazon調べ-詳細)
jumbo19840e-22

エイプサス取付

プロリンク リアサス

サクッと取付完了の写真なのですが,サスが1cm長い影響がここで出てきます。プロリンクの構造ゆえあまり縮まないのでネジ穴が合わないんですね。プロリンクとスイングアームの取付穴がなかなか合いません。車のジャッキを使って車体を持ち上げ,友人と二人で体重をかけてサスを縮ませてなんとか取付できました。強化サスだから余計に硬かったのかもしれない。とうぶんやりたくない作業のひとつになりました。次にバラすと一人では組み立てられないです。

組付け後

プロリンク リアサス
プロリンク リアサス

パーツを元に戻すと,赤いサスはほぼ見えなくなってしまいました。
1cm長いサスのため,平坦な場所でのセンタースタンドは一応リアは地面から離れてる程度になります。そのためサイドスタンドでも車体が起き気味になりますが,動いたり倒れてしまうことはないレベルです。

まとめ

サスの交換でかなり走りがよくなりました。ヒョコヒョコしてた乗り心地もしっかりとコシが出るようになったので,コーナーで怖い思いをすることがなくなりました。私自身体重もあるのでやってよかったですね。
エイプのリアサス,一応付きますが,取付はけっこう大変です。でもサスの選択肢が拡がるので,好みのものを取り付けるのも楽しいかもしれませんね。