【整備記録】カブ90 ボアアップ 107cc 腰上組み立て

【整備記録】カブ90 ボアアップ 107cc 腰上組み立て

2021年9月25日 0 投稿者: k-jumbo

 組み立て完了まであと少しです。

ボアアップキットを取り付けていきます。

これまでに何度も経験している部分ですが,部品の付け忘れなどがないように慎重に作業していきます。

エンジンペースト
ボアアップキット

 エンジンを組むときはオイルを塗りながら作業していくのですが,私は昔からモリブデングリスをオイルで伸ばしたものをエンジンペーストとして利用しています。

自己責任ですが,オイルだとエンジンを動かす時までに流れてしまいますが,グリスを混ぜているので張り付いてくれるため初期馴染みが良いように感じたためです。
自己流です。

ピストンは,前もってシリンダーに差し込んでおくと組み付けの際に,ピストンリングを手で縮めながら押し込むという作業が楽になります。

クランクケース

 クランクケースのガスケットのはみ出しがあればここでカットしておきます。2本のスタッドボルトにはノックピンが入るので忘れずに。

組付け

ボアアップキット
ボアアップキット

 シリンダーのベースガスケットを入れ,オイル戻り側のOリングも忘れずに入れたらピストンとコンロッドを接続します。

ピストンピンクリップを取り付けたら,あとは押し込んでシリンダー内にピストンを入れるだけです。

最初に少しはめこんでいたので楽にスコーンと入ります。

下まで差し込んだら,ノックピンがシリンダーの穴にはまるようにすれば位置が決まります。

カムチェーンガイドローラーを取り付けたら,チェーンが下に落ちることは無くなります。

ヘッド取付

上死点
タイミング
トルクレンチ

 ヘッドガスケットとOリングをはめたら,ヘッドの取付です。

トルクレンチを使い11Nで締め付けます。

 

次に,圧縮上死点の位置を合わせます。

フライホイールのTマークとカムギアの位置を合わせて取り付けます。

この時点でプラグは取り付けずに,フライホイールを手で回しながら干渉している部分が無いか最終チェックします。

フライホイールのマークを見る部分のキャップが完全に錆びてしまっていてケースと一体化してしまっていました。

ドリルなどを使い破壊することに。急遽注文しました。

完成

組み立て
107cc

 フライホイールをいったん取り外して,セルスターター周りの部品を取り付けたら完成です。

85cc→107ccになりました。

次は,車体に取り付けてエンジンをかけてのチェックになります。

ナンバーの登録も,黄→ピンクへと変更しておきます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう