【整備記録】 カブ90改 マフラー 耐熱塗装

【整備記録】 カブ90改 マフラー 耐熱塗装

2021年10月23日 0 投稿者: k-jumbo

 カブ90改に付けているマフラーはAmazonで購入した,中華製マフラーです。

元々の塗装が剥がれてきていて,錆が発生していたので,耐熱塗装することにしました。

マフラー外し

マフラー

まずは,マフラーを外します。

エキパイフランジナットを2つ。
スイングアーム取付ステーの1カ所のナット,3つを外すだけなので簡単です。

錆び落とし

錆び落とし
錆び落とし

もっとも熱が高いエキパイ部分は,腐食がひどいです。
熱だけでなく,フロントタイヤからの水しぶきもかかりますからね。

まだ表面上の錆びですが,放置すると内部まで侵食して,最後はピンホールが開いてしまいます。

完全に撤去は難しいので,ワイヤブラシである程度の錆だけ落としました。

マフラーステーも忘れなく。

全体をヤスリかけ

錆び落とし

錆び落とししたあとは,塗料の乗りを良くするため,全体を600番のペーパーでヤスリかけをしました。

マスキング

マフラー塗装

マスキングといっても,塗りたくない部分はマフラーステーのボルト部分だけです。

塗料が付いたら,ナットが入らなくなりますからね。

磨いた後は,油分と汚れの除去のためにシンナーで洗浄しました。

耐熱塗装

マフラー塗装
マフラー塗装

あとは,よく攪拌した耐熱スプレーで塗装です。

塗った直後はテカテカしてますが,乾くと綺麗なつや消し黒になります。

2度塗りしました。

マフラー塗装

サビチェンンジャー

錆び落とし
錆び落とし

乾燥させている間,ホルツのサビチェンンジャーを使ってあらゆる部分の錆止めをしていました。

これを塗って放置しておくと,化学反応の力で赤錆びが黒錆びに変化するというものです。
黒錆びになれば,錆が止まるという不思議な液体です。

マフラー取付

マフラー塗装

乾燥したら,マフラーを取り付けます。

その後エンジンをかけて,マフラーに熱を入れます。
熱を入れることによって,余分な揮発成分が熱で飛んで塗料が焼き付きます。

これでしばらくは錆びが出ずに,きれいな状態を保てることでしょう。

中華製の安価なマフラーですが,個人的にはお気に入りのパーツです。

純正LOOKだけど,抜けは良いという感じです。

音は,うるさいのでスチールウールで調整してますけどね。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう