--> --> --> --> 【ボリビア旅行】ウユニ奥地ツアーVer.4:天然のフラミンゴは非常に美しかった ► Fun Hobby's blog
Fun Hobby's blog

【ボリビア旅行】ウユニ奥地ツアーVer.4:天然のフラミンゴは非常に美しかった

タイムライン

インカワシ島で,ガイドと車を変更したので,塩湖をさらに南下します。

次の目的地は,2日目のホテルです。白い台地はもう見慣れてしまったのと,疲れが出てしまったので移動中はほぼ爆睡でした。というのも標高が3600mくらいのところは酸素がそもそも薄いので,動かなくてもエネルギーを消費するのです。体が頑張って酸素を体中に運ぶわけですね,なのですぐ疲れるわけです。しかも午前中は登山してますし。

毎度気付いたらホテルの近くに来てました。塩湖は視界から消えて周りは荒野って感じです。

ホテル到着

Hotel de Sal Nuevo Amanecerに到着です。なんだかんだ言ってここも塩のホテルだったというね。ひとつ前のホテルでガイドとケンカした友人は何だったんだろ(笑) というかツアー会社がちゃんと説明しないのが悪いですな。まぁ一度経験したので次は大丈夫だろう。

ここのホテルは快適でしたよ。部屋は広かったし,作りはオシャレだったし。ただシャワーが有料でしたけどね。さすがにこの辺りまで来るとガスボンベの輸送費の方がかかるらしくシャワーは有料になってくるようです。といっても安いですけどね。幾らだったかは忘れました。

これは部屋の入り口です。ね,なんかオシャレでしょ。まぁここにも建築資材用と思われる塩のブロックが積み上げられていましたけどね。部屋の写真は残念ながら無し(写真が無い度に壊れたHDDが悔やまれます)

この日は,夕方に到着して,夕食食べたりシャワー浴びたりしてゆっくり過ごしました。

 

トラブルが楽しめるようになってきた

ちょっと暗がりなので画質が悪いですが,朝起きたらこんな感じでした。ここはダイニングルームなんですが,朝食は薄暗い時間帯だったのですが,停電しているようです。ホテルの人に聞いたら,どうも前日の強風でどこかの電線が切れてしまったらしく,夜中から停電しているようです。なのでテーブルやトイレにはロウソクが灯してありました。まぁトラブルと言っても外国ではこういうのは普通です。ですからこういう時のことも考えてLEDライトは持参しています。スマホの充電は満タンになっていたので良かった。

ロウソクの灯りに照らされながら朝食を食べます。スープとパンです。

朝食後は,荷物をまとめたあと付近を散策しながら写真をパシャパシャとしてたら,どんどん陽が登ってきてこの日も快晴です。乾季なので,風が強い日はありますがツアー中はほぼ天気は良かったですね。ボリビアはこの透き通るような青空が好きです。日本とはまた違った青さだと感じます。

ひたすら南下

ひたすら南下しつづけます。周りは荒野と言った感じです。特に景色は変わらないので退屈ですね。何時間走ったでしょうか,突然運転手が休憩だということで外に出ると,線路がありました。今も使われているチリまで続く線路だそうです。これだけ直線の線路は初めて観ます。車は線路を乗り越えて横断します。降ろされたのは,休憩だけでなく,線路を乗り越える際に衝撃を少なくするためでもあったようです。

ここはもう地球の果てと言った感じの場所です。休憩中に見かけるのは他のツアーグループくらい,こんな荒野でキャンプしたら楽しいだろうなぁと考えましたね。夜は満点の星空ですが,気温は氷点下でしょうね。いつかやってみたいものです。

2度目の休憩ポイント

線路を横切ったらまたさらに南下し続けます。見飽きてしまうくらいの荒野が続きます。そしてまたトイレ休憩ポイントに到着です。上の写真を見てもらえると分かると思います。周りなーんにも無いんです。植物限界も超えているようであまり生えていません。ここではトイレ休憩をしました。トイレは有料で確か5Bsだったかと。30分くらい休んでいたと思います。ガイドも他のドライバーと話したりして休憩。写真に写っている雪をかぶった山は6,000m級の山だよと教えてくれたりしましたが,地図見てもどの山なのか不明。そもそもここは携帯の電波は圏外です。

フラミンゴ

さらに南下するとお昼休憩を兼ねて観光名所にやっと立ち寄れました。上のGoogleマップを見てもらうと,チリとの国境沿いをずっと南下してきたことが分かると思います。「エディオンダ湖」です。航空写真で見ると黄色がかった色をしています。ここで見れるのが↓

野生のフラミンゴです。動物園では見たことがありますが,野生のフラミンゴは初めて見ました。天然のピンク色はとても綺麗でしたね。フラミンゴは赤い色素を持った藻類などを食べるためそれが羽毛に蓄積されてこのような色が出るそうです。ちなみに動物園のフラミンゴはそういう色の付いたエサを食べさせられて色を付けられていると聞いたことがあります。ですので,天然のピンクってこんなに綺麗なのかとちょっと感動しちゃいました。この先いくつかの湖に寄りましたが,たいていはフラミンゴが居ましたね。標高は4500mくらいですから,低酸素でも生きることが出来る鳥ですから,すごいですね。

ここでは,我らがフラミンゴを見ている間にガイドが昼食を準備してくれていました。後ろに見えているのはホテルみたいです。ググったらそこそこ良いホテルみたいですね。Los Flamencos Eco Hotel 

この日の昼食もそこそこ美味しかったです。パスタと鶏肉のソテーと茹でた野菜でした。満足です。

ウユニ奥地ツアーVer.4はここまでとしたいと思います。

撮った写真がどういう順番だったのか並び替えながらのブログ作成だったりします。一眼カメラ,スマホ,友人のカメラなどなどバラバラなのでもう大変w

引き続きブログをお楽しみください。

それではまた。¡Hasta luego!

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA