【整備記録】ホンダ シャリー フロントサスペンション 分解組立

2022年10月15日その他バイク,バイク,ホンダ シャリーシャリー,フロントサス,ホンダ,分解,組立

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

フロントサス分解

シャリー塗装

角目シャリーのフロントサスですが(丸目は扱ったこと無いのでわからないです)ダストブーツだけの交換って他のバイクみたいにできないんですよね。完全に一度分解する必要があります。ダストブーツをずらしたら,中にスナップリングがあるので外しますが,これだけではまだインナーは抜けません。
画像に見えてる穴が重要です。大抵は汚れと古いグリスでこの穴が隠れて見えなくなってると思います。

シャリー塗装

この穴に押しピンなどを差し込むとCリングが取れるんです。差し込むだけで取れるわけではないですよ。差し込むとリングが溝から外れるのでずらせば外れます。スナップリングの下側にこれが入ってます。何のためですかね?

シャリー塗装

リングが取れたらあとはインナーを引っ張れば取り出せます。パーツリスト等を参照しながら,部品を分解していけば,ダストブーツがやっと外れるっていう仕組みです。
シャリーはフェンダーを固定するステーがインナーに付いてるんですよね,なので分解しないと脱着ができないんです。シャリーはオイルサスではなく,中はグリスによって摺動するような仕組みになってます。ダストブーツが劣化するとこのグリスが下に落ちてくるんですよね。

created by Rinker
ミニモト
¥1,749 (2024/03/03 16:37:02時点 Amazon調べ-詳細)
jumbo19840e-22

組立

シャリー塗装

ローダウンされる方は中に入ってるスプリングをカットされたりするようですが,ダストブーツの交換だけをしたいので,洗浄して新しいグリスを塗りたくって組み立てていきます。どういうグリスを使えばいいかは調べてもよくわからなかったため,普通のリチウムグリスを使用しました。

シャリー塗装

こちらが新しいダストブーツ。これを交換するだけなのに,結構めんどくさいです。

シャリー塗装

組立途中,インナーにサビを見つけたので,ペーパーで磨いておきました。あとは逆の手順で組み立てていけばOKです。簡単なんだかなんなのか。手がグリスだらけになるのでご注意を。捨ててもいいウエス等を多めに用意しておくことをお勧めします。

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています